活動内容

特別支援室の役割

東北大学では、障害のある学生への支援および合理的配慮を全学的に提供していくための拠点として、学生相談・特別支援センター内に特別支援室を設置しています。対象となるのは、何らかの障害があることを理由として、修学上あるいは大学生活における様々な悩みや困りごとを抱える学生やその関係者の方です。個別面接による相談のほか、関係部署や教職員との連携のもと支援のコーディネートも行っています。

支援対象の範囲

視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、内部障害、発達障害、精神障害などの障害があることにより修学・生活上の支障や問題、悩みなどを抱える学生(院生等含む)。合理的配慮の提供について診断を受けていない方が希望される場合、医療機関のご紹介などをさせていただく場合があります。

活動内容

個別面接による相談・助言
授業担当者や関係部署への配慮依頼
支援機器に関する情報提供および貸与
教職員へのコンサルテーション(助言)
家族との連携や家族への支援
学生サポーターの養成
関係部署や教職員との連携・協働による支援ネットワークの構築
全学及び部局への広報・啓発・研修
特別支援の実践方法等に関する調査・研究
他機関・他大学等との連携・ネットワーク形成

バリアフリーマップ(川内南キャンパス編)

特別支援室